消毒剤の種類と有効性を総まとめ!

新型コロナウイルス感染症が日本で初めて確認されたのは2020年1月14日でした。

当初はウイルス自体の情報や感染予防の情報が乏しく、本当にアルコールは効くのか?空気感染はしないのか?などさまざまな疑問や憶測が飛び交い、パニック状態にあったと思います。

中でも消毒用アルコールの供給量不足が起こり、しばらくの間消毒用アルコール以外の消毒液が店頭に並ぶこともありました。

そんな中、誤った使い方で健康被害を及ぼした事例もあるため、今回は改めて各種消毒剤と有効な使い方を振り返ってみましょう。

消毒剤の種類と有効性を総まとめ!
目次

ウイルス・菌に「効く」とは?

最も手軽で広く使用できる消毒剤です。

水がなく手洗いが難しいところでも活躍するので、非常に便利です。

WHOのガイドラインでは消毒に有効な濃度を60~80%としています。

手指などに使用する場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品」「医薬部外品」との表示のあるものを使用してください。

消毒用アルコールは「すべてのウイルス・菌に効く」と考えてしまいがちですが、効かないものも存在しています。

それがノロウイルスに代表されるノンエンベロープウイルスです。この種のウイルスに対し、通常の消毒用アルコールでは効果が認められないため、「酸性アルコール」が有効です。

酸性アルコールは通常のアルコールよりも多種のウイルス・菌に効果が見られるため、おすすめです。

エンベロープ

次亜塩素酸ナトリウム水溶液

※後述する次亜塩素酸水とは異なりますので、注意してください。

食品添加物に指定されていることから、調理器具の消毒や生野菜の洗浄などに使用されていますが、その効果は濃度によって変化するため上手に活用しましょう。

非常に強力な殺菌力がありますが、皮膚についてしまうと悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、絶対に手指消毒としては使用しないでください。

そのほか

① 使用の際は必ず手袋を使用する。
 
② 目に入らないように十分注意する。
 
③ 酸性のものと決して混ぜない。

など、商品に記載されていることを必ず守ってください。

また物に付着したウイルス・菌へ効果があるものの、アルカリ性の液になるため、必ず使用して問題がないものか確認しましょう。

次亜塩素酸水

先述した次亜塩素酸ナトリウム水溶液とは異なり、酸性の消毒剤です。

規定の濃度に調整したものをテーブルやドアノブのふき取りで有効性が確認されておりますが、手指消毒剤としての有効性は検証されておりません。

こちらも濃度によって有効性が変化してしまうため、商品に記載の希釈濃度を遵守し、早めに使い切ることを心がけましょう。

まとめ

消毒剤は種類や濃度によって、使用できる範囲が「ヒト」「モノ」に分けられることがご理解いただけたでしょうか。

また、正しく効果を発揮するためには「濃度」がポイントになるため、注意して使用してください。

各消毒剤の有効濃度については、下記にある厚生労働省のサイトをご確認ください。

日本全国では新型コロナ感染者が増加しており、予断を許さない状態にあります。

特に家庭内感染が深刻な状態ですが、これを予防するためにウイルス・菌を「持ち込まないこと」が肝心です。

そのためにも、家に帰ったらまず玄関でアルコール消毒(濃度60%以上)を習慣化しましょう。

1日でも早い感染終息を願います。


≪参考文献≫
①厚生労働省:新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について(1例目)
②ヨシダ製薬:各種消毒液の特性
③神明 朱美:殺菌・抗ウイルス効果に及ぼすエタノール濃度の影響
④厚生労働省:新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)
⑤サラヤ株式会社:次亜塩素酸ナトリウム液


この記事を書いた人

沢目 晃誠(さわめ こうせい)

■保有資格
・管理栄養士
・調理師

■プロフィール
高校で調理師免許を取得した後、栄養学に興味を持ち管理栄養士養成大学へ入学。
卒業後、手指消毒用アルコールや石鹸,健康食品メーカーのサラヤ株式会社にて営業職を経験。
現在は食品部門の商品開発に従事。商品に関連する情報発信も行っている。


無料電話相談サービス キクミミ

誰に相談したらいいかわからない…
 
そのお悩み、キクミミに相談してみませんか?

 

よろしければシェアをお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる